2017/8/8現在。施工例の紛らわしい広告集です。

今日の時点で、まだ改善されたり撤去されていない

不思議な防音性能の施工例 広告一覧です。

殆ど公式HPからです。

 

これ以外にも雑誌とタイアップした広告などに

問題のある広告はありますよ。

別トピックで触れていますのでよろしかったら

ご覧ください。

 

この会社の防音性能ごまかしが世の中に少しずつ

知られる様になって来てから?(実際はわかりませんが)

彼らの広告 HPの中の、かなりの施工例から

防音性能表示が消えているのですが、まだまだ

 たくさん理解不能な紛らわしい表示があります。

 

事実でない性能表示をして調査でバレたら

大変ですね。

ここに紹介する全ての施工例の防音性能を

私は一切、全く信じられません。

彼らのHPにありますから

プリントアウトして一流の大手防音会社に持って行って

ベテランの防音のプロの方に見せてみてください。

きっとその場で、全ての事情をご理解出来ると思います。

 

わたしは何年にも渡り、多くの老舗の技術のある防音会社のスタッフの方々に、電話でお話ししながら、

一緒にこの会社のHPの同じページを見てもらいながらコメントをもらいました。

省庁の方と話す時、なども相手がそのとき

ネットを使えるようなら一緒に同じ画面を共有しながら話しています。

 

しかし今は状況が変わり、この会社のDダッシュについては多くの防音会社が知ってる可能性が高いです。

これは間違い無いです。一般の音楽家にはどうかわかりませんが業者さんは多くの方が知ってるでしょう。

かなりの優秀な業者にわたしだけでもかなりの数

相談しましたから。既にこの業者の実態を知ってる会社も

ありました。何年も前の段階で。

 

 大手の会社は他社のことを公式に悪く言うのを当然嫌がりますから、この会社の資料である事を隠したり

 「これこれ〜〜こういう仕様の部屋でこんな大きなの

こんな仕様の窓があって、こんな性能の防音室が

作れますか?」というような

問い合わせ方をするなど工夫が必要ですよ。

 

↑に書いてしまいましたがプリントアウトすると

他社の施工例へのコメントだとバレるので

コメントを躊躇われる事が多いです。

工夫してホンネを教えてもらってください。

::::::::::::::::

リフォーム110番

にも書かれているのですが、日本ではリフォームの被害者になってもなかなか救済されないようです。

年々相手は、より巧妙なテクニックで法律もしっかり研究して盲点を突いて来ます。

ですから、被害に会う前に知識を付けて警戒する事が何より大事なのです

 ↑のサイトでは

「弱者(被害者)は救済されるという考えは捨てましょう」と書いてあります。

わたしなりに少しずつですがその理由を具体的に

見つけかかっています。書き方が至極難しいのですが。

おかしなリフォーム業者を徹底的に

指導する法律の見直し

制度の見直しは絶対に不可欠です。

::::::::::::::::::::

 JIS規格の防音性能等級 Dに酷似した

この会社のお得意の

D'(ディーダッシュ)表示の防音室は

実際の防音性能が、全く不明なので全部ここにまとめました。

 

 日本の防音会社でこのような紛らわしい企画を採用してるのは現在判明してる時点でこの会社だけです。

地方都市に一社だけ??という会社がありましたが

 なんだか苦しい言い訳をしていました。

この会社の真似をする会社が出てこないのを祈るばかりです。

この会社の下請けを地方都市でしていた会社にも

(中にはすごく誠実な会社もありましたが)

??な会社はあるので要注意。

 

クラウドナインアソシエイツはこの会社の営業窓口です)

 

 

 私の場合、DダッシュはJIS規格のDよりはるかに低い防音性能しか無い事を確認しています。半分程度の場合も。

 

 客によって、

個別にバラバラである事もあり得ますし、

一貫性はないように思えます。

自由自在に使えます。実際の性能に関係無く。

失敗のごまかし、手抜きの言い訳です。

 自社の非を絶対認めたく無い会社ですから。

珍しいのです。こんな会社は。日本では。

 

 

 また 、Dダッシュは使ってないけれど、

性能評価表のなかに必要な項目の記入など

理解する為に必要な表示が無いままの変なページ

もの凄い高性能がでた様にだけ広告されてる

施工例や??なグラフなどが使われてる例も含めました。

グラフ、表も変なものが多いです。

誰が書いてるのでしょうね?

 

 またマンションでバイオリン奏者の部屋にD-80の性能を

達成と書いてある施工例や、また隣接する住戸というのが

左右両側の部屋か?角部屋一室なのか?

など性能を達成した理由がわかりにくく

曖昧な広告も含めました。

当然、糾弾してるのではなく

HPを見る音楽家に理解しにくいという意味なので

 ユーザーフレンドリーな会社なら

改善を試みてくれるかもしれません。

 

音楽家を大事に考えてくれる会社なら。

そうでないなら改善されないままでしょう。

見守ってまた後日報告します。

 

皆さんに、じっくり考えていただきたくてこのトピックを書いています。

音楽家にとって理解不能で、音響学者の方にとっても

理解不能なDダッシュ表示、

その他の、音楽室の防音性能等級表示の広告です。

 

  

私自身は、以下の例の様な紛らわしい表示で

サインさせられてしまい、本当に苦しんでいます。

みなさんも、じっくり考えてください。

 

※ なお過去の**な施工例をどんどん削除していることから、

(少ないですが)比較的新しい施工例は意識的に

DとD'ダッシュの性能差を「詰めて」きている

可能性も大きいと思います。

しかし実際はわかりません。数等級の差があるものもあるかもしれません。

 実体験から書いています。大事な事なので書きました。

 

 広告を審査する組織の方々、音響のプロの方々と一緒に精査してください。

 

 

以下、実際の防音性能が疑わしく

表示が紛らわしい広告例です。

::::::DAWスタジオ?:::::::

  

#1. 6畳間に計画したPAエンジニアの編集スタジオ
http://www.acoustic-eng.co.jp/archive/case/yoshida-tei_private-studio/

 

#2.スタジオにリビングのような居心地を
http://www.acoustic-eng.co.jp/archive/case/st-veruca-kikuchi/


#3.賃貸マンションでDAWスタジオ
http://www.acoustic-eng.co.jp/archive/case/daw-studio_sonista-studio/

 

 8年前の施工です?


:::::::オーディオルーム::::::::


#4.ハイエンド商品開発のための高度な音響スペックを実現
http://www.acoustic-eng.co.jp/archive/case/%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%83%89%e5%95%86%e5%93%81%e9%96%8b%e7%99%ba%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ae%e9%ab%98%e5%ba%a6%e3%81%aa%e9%9f%b3%e9%9f%bf%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%83%e3%82%af/

 

別記事で指摘した、あの物件です。

こちらからこの施工例の広告の不思議さをご覧ください

 記事のかなり後半で説明しています。


#5.大開口でつながるリビングでくつろぎながら良質の音楽を
http://www.acoustic-eng.co.jp/archive/case/i-tei_lisning/

 


#6. 二階をシアタールームにリフォーム。エレキ楽器演奏などもできる家族で楽しめる部屋。


http://www.acoustic-eng.co.jp/archive/case/y-tei_hometheater/


#7.とことん細部にまでこだわった究極の地下シアタールーム、 通称「AV竜宮城」
http://www.acoustic-eng.co.jp/archive/case/linlin-san_hometheater/


#8.こだわりぬいたオーディオ専用室
http://www.acoustic-eng.co.jp/archive/case/b-tei_audio/


#9.自宅建替えを機にBest Listening Spaceをめざす
http://www.acoustic-eng.co.jp/archive/case/audio_stei/


#10.地下室に念願のオーディオルームを作る
http://www.acoustic-eng.co.jp/archive/case/audio-studio_t-tei/


:::::ドラム・ギタースタジオ::::::::::


#11.バンドメンバーが集まって練習が出来る新築プライベートスタジオ
http://www.acoustic-eng.co.jp/archive/case/nakamura_tei/

 

この記事を読めば

 この会社が、いかに

「音楽と一切無関係な会社であるか」が

かると思います。

 
#12.外にも内にも最高の遮音性能を目指したプライベートスタジオ

http://www.acoustic-eng.co.jp/archive/case/studiorock/


#13.

  56’レスポール、61’ストラトをオールドマーシャル、 オールドフェンダーアンプで大音量で鳴らす!
http://www.acoustic-eng.co.jp/archive/case/yoshida-tei_guitar-studio-studioamaroy/

    5年前の施工? 

木造家屋の大きな窓を残した側に D-70近い性能を達成!

などと誇大に表示しながら同時に

小さく縮小した図面の中では

「実はJIS規格ではなくD’ダッシュの自社規格でした」

と言い訳をしているという

ビックリしてしまう広告。同じページの中に種明かしがあるなんて。

多くの方がこのページはご覧になって

「あり得ない」とおっしゃっています。


#14.創意工夫が盛りだくさん。多くのアイディアが凝縮されたスタジオ
http://www.acoustic-eng.co.jp/archive/case/shimizu-rei-tei_private-studio/

 

 家自体を新築する時に施工した物件。

Dダッシュ表示がいっぱい。実際の性能は全く不明です。


#15. 新築・離れのプライベートスタジオ
http://www.acoustic-eng.co.jp/archive/case/yasuda_the-eventh-direction-studio/

 

木造住宅内でD-65性能というのは、超高難度の防音工事です

と書きながら、

#11では木造にD-80を達成!って書いてあるのです。

あっ、Dダッシュ79ですか。更に意味不明ですね。

 実際は、D−50程度でしょうか?

 

昔からHP広告はこんなアバウトなカンジでしたね。

 当然この会社に木造でD-65という性能は出せないと思います。

 最近の施工例をみてもせいぜい50ですね。

 
#16.住宅メーカーとのコラボレーションにより誕生したドラムが叩けるスタジオ
http://www.acoustic-eng.co.jp/archive/case/syoji-tei_drum-studio/

 

8年前の施工。

性能は 謎のDダッシュだらけで実際の性能は不明です。

 


#17.ドラム3セット設置できる広さ16帖のスタジオ
http://www.acoustic-eng.co.jp/archive/case/ito-tei_drum-studio/

 


#18.築30年木造住宅・和室続き間を耐震補強したドラムスタジオ
http://www.acoustic-eng.co.jp/archive/case/drum-studio/

 

耐震工事?? この図面を耐震の研究をしてる

歴史のある大きな法人に見ていただきました。


::::::::ピアノ:::::::


#19.小規模コンサートのできる14帖ピアノ室
http://www.acoustic-eng.co.jp/archive/case/2011/

この物件は 事実上ショールームのように

一般客が見れる様になってます。

 献身的な方ですね。

性能は殆どJIS規格で無くDダッシュですから要注意!


#20.マンションにスタンダードな仕様でつくる響きの良いピアノ室(約7帖)
http://www.acoustic-eng.co.jp/aewp/wp-content/uploads/2015/12/3651915532de5d61eff29af4cbf3b6f1.jpg


#21.半間南側に増築して広いピアノ室をつくる
http://www.acoustic-eng.co.jp/archive/case/1955/

D'ダッシュで55という低い性能。

夏場は虫の声さえうるさく感じるほど音が漏れてると

告白してしまっていますが、大丈夫ですか?

実際はD-40程度の可能性も大です。自分の経験に照らし合わせると。


#22.マンションにつくる小空間ながらもアンサンブルのできる部屋
http://www.acoustic-eng.co.jp/archive/case/1737/
D-80???

 


#23. 6帖弱のスペースでピアノ室をつくる
http://www.acoustic-eng.co.jp/archive/case/%e3%83%94%e3%82%a2%e3%83%8e%e6%95%99%e5%ae%a4happiness/


#24.スタインウェイのフルコンをマンションで弾く
http://www.acoustic-eng.co.jp/archive/case/piano_aoyagi/

男性プロピアニストを含め、コンサート用グランドピアノを二台同時に弾く部屋なのに

この性能で大丈夫なのか?

大人の男性がピアノを弾けば130デシベルは音量がでます。

隣室に なんと(1人で弾いたときでさえ)

60デシベルの大音量が隣室に、深夜漏れてる事になると思うのですが?

 しかも徹夜で弾くとか書いてあり。

 なぜそんな事が可能なのかを一切書いてくれてないのが

困りますね。不可解な広告が多過ぎますね。

 

縦2メートル横3メートルはありそうな引き戸のガラス窓があって(窓側はD-50も無いでしょうね)

 隣室に対してD-70って?

老舗の防音業者さんは驚くでしょうね。

 でも じっくりみたらD-71

なんていう??な数字になってて、日本工業規格の性能でない事が解りました。いつもの誤摩化し方です。

 

巨大な窓側の性能は D-50以下でしょうから

 その窓側から隣室に音が回り込むのですから

 

隣室側へD-70というのもかなり難しいと思います。

D-70達成してないから

JIS規格以外の表示をするのです。

 

だからJIS規格表示でない表示で誤摩化してる訳ですね。

実際はD−65くらい?

正直な表示を一刻も早く御願いします。

 消費者庁さんも紛らわしい表示への

ご指導御願いします。

#25.フルコンサートグランドが自然に響くマンションピアノ室
http://www.acoustic-eng.co.jp/archive/case/piano_kikuchi/

 

なんだか肝心の防音の説明が少なく

 ヨーロッパのお城の写真とか

話しをそらしたくてたまらない感じです。

性能はやはり誤摩化した表記で

D-69

なんなんでしょう。どの防音会社も

苦笑していました。

 この会社はマンションの隣室にD-70達成出来ないと思います。

 だから「達成無理でしたという意味」で69なんでしょうか?

 冗談にもなりません。

 電車の音が聴こえて来るって言う

お客さんの意見でおおよその事が解りますね。

窓側は性能が低過ぎたので書かなかったのでしょう。

 マンションの既存サイズの窓を潰せないという

条件があったとして二重サッシにしてても

D-50程度でしょう。

本当の防音性能を隠し通す防音会社だから

普通に判断するしか無いのです。数年前は

D-75とかもっと凄い数字を

弄んでた気がします。

 

実際施工例は全部一気に削除してしまいましたが

http://www.acoustic-eng.co.jp/archive/faq/drum_faq2/

 

↑の広告が残っています。

 日本を代表する実績のある大手防音会社さんは

「鉄筋コンクリートでもD-70は達成できないことも

時々ある」みたいにおっしゃっています。

 

アコースティック社の様な実績の少ない

小さな新しい会社が、木造にD-75

防音室を作れるというこの広告。

 景品表示法違犯でないなら

 実際の施工例を示してみてはいかがですか?

と、真面目にこの広告を受け止めていました。良く見ると

また例によって、誤解させる広告でした。

いったいこの会社ってどこまで不誠実なんでしょう。

徹底的ですね。

どの広告も数字も真に受けてはいけない会社なのです。

 

実際には

>75dBの防音性能が可能です。

 

と書いています。つまり

JIS規格のD-75は当然無理

ある周波数(超高音だったりするかも)だけ

75デシベル止める事は可能。

という逃げが打ってある広告でした。

ですからJIS規格で表示すれば

D-55の可能性も十分ある訳です。

 

やはりそうだったか。という感じ。

 

D-75なんてウソだったのです。当然。

そういう誤解を誘発させるいつもの広告です。

急遽削除したサイトや↑の中から削除した

施工例では、そういう風に謳ってたんですよね?確か。

違いましたか?だから、虚偽だから削除したのでは?


#26.2層吹き抜けの高い天井を活かした大空間のピアノ室
http://www.acoustic-eng.co.jp/archive/case/piano_haraguchi/


#27.1階はピアノ教室・2階は生活空間という動線・機能分離を実現したリフォーム
http://www.acoustic-eng.co.jp/archive/case/piano_ohmilesson/


#28.広いリビングの一角につくったピアノ室
http://www.acoustic-eng.co.jp/archive/case/piano_stei/


#29.二部屋を一室にしたピアノ室兼子供室
http://www.acoustic-eng.co.jp/archive/case/piano_ttei/

 

ピアノ室も全体的に、防音性能の技術が問われにくい

(防音室とはいえないような施工)の仕事がほとんどを占める様になって来ました。

 本来の住宅建業に戻って行くのが良いのです。

 人を苦しめたくないならば。

「余計なお世話だ」というでしょうが

 防音会社がピアノ防音室の施工例を紹介するページなのに

 ほとんどがインテリアや建物自体がもってるイメージ

(他社の仕事です)をいかに 良い写真で綺麗に見せるか

というイメージ広告ばかりになってる。

 本当に防音を必要としてる

小さなピアノ室で音大を目指す学生のピアノ室を

 ダッシュでない サバ読み、ごまかしのない

 性能とともに表示しないと信用されないでしょう。

  肝心の防音業のスキルがわからない仕事と広告ばかりだからです。

 技術が無いから、仕方なくそういう広告を打つしか無いという苦悩もあるのでしょうが。

 

 

**関西営業所(アコースティックデザインシステム)

          ブログより*******

2017年5月23日 (火)

 大阪府 K邸スタジオ(D’ダッシュ表示です
本当の防音性能を隠す必要がある施工だったという意味です。)

アコースティックエンジニアリング 関西スタッフブログ

 

 

 ※滋賀県大津市K邸ピアノ室防音工事

 

http://acoustic-group.cocolog-nifty.com/kansai/2017/05/post-b14f.html

 

>大津市で施工した、テラスハウス(RC長屋住宅)でのピアノ室のご紹介です。

 最近の施工例の様に、防音性能の表記は一切無し。

コンクリートですが、大きな窓を残してあり

かなりの音が漏れるはずですが

いつものように

>丘の上の、眺望の良いピアノ室。

 という 

まわりに音が漏れても大丈夫な立地の物件の様です。

 

参考になりにくいですね。

まず防音会社の施工例なのに防音性能を記載しない。

 ただのインテリアのリフォーム屋さんならそれでいいのですが肝心の売り物の性能を書かないのはいかがでしょう?

 

 

以下の記事も是非ご一読くださいませ。

 

★このブログ内の各記事の目次&リンク

 

 

参考ブログです 

アコースティックエンジニアリングの防音室 | 自宅に防音室