読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宣伝ブログに惑わされない!

 はてなブログ様。このブログを削除する要請を

して来る者が居たら、削除に応じる前に

その者の名前とこのブログを警察に通報してください。

 公益性をご勘案ください。

 ご協力御願いいたします。

 

この防音会社は「違法業者です」

 

 何度も書いて来ましたが、

大事な事なので繰り返しますね。

 

 わたしがまるで、「揚げ足取り」のように、

このインチキ会社の宣伝のアラ捜しをしてる様に

感じるかもしれませんがまったく違います。

 

まともな(適法、合法的な)防音会社でしたら

 少々、自演っぽい宣伝サイトがあっても、

ステマがあっても笑って見過ごす事が出来ます。

 

 しかし、この

違法な「まがい業者」は、

とにかく多くの雑誌広告や、

その雑誌と連動したweb広告、

提携した特定の客?!(多くの事実上の身内を含む)

の宣伝ブログなど、

夥しい広告で一般客を釣ってデタラメな施工をして

逃げてしまう悪質業者です。

ですから罠にはまらない様に警戒する必要があるのです。

 

 被害者を出さないために、公益のために

 ウソを見抜く必要があるので書いているのです。

 

 大事な事を繰り返します。

 

(同じ事をクルクルなんども

書いてる様ですが、お許しください。

でも、何度も同じ文章が出て来ると

理解も深まりますよね^^:)

 

この業者をほめちぎる、サイト、ブログ、

ランキングサイト、匿名掲示板、知恵袋などの情報は

 

ほぼ全て、

この会社自らがやっている「広告」です。

 

一番大きな有害情報が含まれた、

この会社名で検索して検索エンジンで、

Topページに必ず出る

一見、個人ブログの様に見える

ピアノブログは、

 

この会社が施工開始するときから

「ブログで広告する」約束で書き始められたものです。

 

だから施工時の写真等も掲載していて

SEO対策にもなると思ってるのでしょうが、

防音工事についてのテクニカルな説明は

インチキ業者の、インチキ理論そのままですし、

 

アコ社の人間に、インチキ防音性能を擁護するための

トンデモ防音理論を吹き込まれたって言う事ですよね。)

 

$$$$$$$$$$$$へ続きます。

 

 ::::::::::::::::::

自分の言葉と意志で書いてなページなので

なんだか、そのページだけ、言葉が浮いてしまっていて

バツが悪そうに、申し訳無さそうに書いています。

 

 

何度も書きますが、真面目なピアニストの方のブログに

違法な広告を掲載させている違法業者への文章です。

ピアニストの方は違法業者に利用されてるのですから。 

 

他のもう一人のピアノブログも

もう一つのピアノのブログも

アコースティック社の防音記事のときだけ

レスが降って来る様に数人。

他の記事には殆どレスがないのに?

当然、アコ社の方々がレスしてるのでしょうか?

自社の宣伝書いてくれてるのに無視する訳にいきません

からね?

 

こういう事を書くと、突然他の記事にも

レスが増え始める様な気もします。

 

$$$$$$$$$$$

なぜなら、

 そのトンデモ防音性能についての解説の

数行はアコースティック社から渡された下書き通りに書い

たものですよね?

全く一字一句、同じ文言の文章が、

 

まったく赤の他人と見える男性のブログ

(しかも全て漢字だけの、

絶対に日本のブログとは思えない様なブログ)内に

あったのは何故?

これはヤフーさん(提携してるgoogleさん)が

見つけ出してくれた情報です。

いったいどうなってるんですか?

 

もし、「変な言いがかり」と言うなら、その辺を

きっちり説明した文章を警察に送付してください。

出来るだけ速やかに)

怪しすぎるのですよ。

 

:::::::::::::

全ては

たった1行の、「大ウソ」=「遮音保障がある」

という大きなウソを検索ユーザーに刷り込んで騙すための

小手先のSEO対策テクニックなので

進化したアルゴリズムは、正しい判断を下してくれる様に

なるはずだと確信しています。

真に検索ユーザーの利益を最優先してくれると信じます。

 

:::::::::::::::::

東京都生活文化局 

消費生活部 取引指導課 表示指導担当

の方々の、迅速な指導を御願いします。

 

この会社の違法広告は

彼らの公式HPやブログだけでなく

 

彼らと提携しているブログの中にこそ

大きな違法広告があるので

(そうやって指導を受けにくいような工夫をしている)

いくつもの宣伝ブログへの指導も

急いでください。

::::::::::::::::: 

そのブログが、常時 

検索エンジンでトップページに固定されてるのには

そういう「ウソを刷り込む」という目的があるから、

大金をかけてSEOしている。ということですか。

 

 この会社名で検索し、ざ〜っと大まかに

10ページほど見て

 このような会社を絶賛するピアノブログは3つ?

そのうちピアニストのブログは2つですね。

 

すべて当然タイアップです。

 

Webにある情報は、(当然ですが)、

「Webにアップして、告知、広告、宣伝したい」

という意志と(webにアップする)行為がないと

勝手にwebには上がって来ません。

意図を持った誰かがアップしているという事です。

 

さて、

この会社で施工する前から、広告目的でなく

書き始められた

ピアニストさんのブログも登場しますが

 

このブログ主さんも、

ご本人に全く悪気はないのですし何も非はないのです。

 

なぜなら、彼女は

「ピアノを長年弾いていてブログを書いているお客」

という条件を満たしていて、

この会社が「宣伝に使える!!!」と思ったからこそ

実際に、かなりていねいに施工されたのでしょう?!

 

 防音性能自体はそんなに高そうには見えませんが

練習室ですから、元から「音が外部に漏れる」、

という想定なので問題無いのでしょう。

 彼女は正直に語ってるだけでしょう。

  たぶん‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥。

 確信は持てません。

 

というのは、或る「キーワード」のせいです。

 よかれと思って、またはこの会社に促されて

そのキーワードを書いてるのでしょうが、私には

全く逆効果に見えます。

 

それが「確信を持てない」理由です。

 

「お客のために、かなり無理も聞いてくれるいい会社」

の様にかなり(少し不自然なほど)

持ち上げて書いてます。

まあタイアップですから

褒めない訳にはいきませんよね。

 

しかし、

そんなていねいな施工をされる方は

滅多にいません。

 

この会社は

「自社の宣伝に貢献する客か?否か?」

で、天と地ほどの扱いの差をつける会社で

す。

 

大袈裟ではありません。

 

ブログで宣伝してくれる客(身内も多い)へは、

まるでお姫様への様な、無理も聞いてくれる

ていねいな扱い?(と書いてもらい)

 

片やそれ以外の一般客、わたしや、この会社の酷さを

ピアノ室防音工事業者にだまされないための方法

というブログで綴ってる一般客たちへの扱いは、

 

下僕への扱い以下です。

 

全く大袈裟な表現ではありません。

なぜって、まともな仕事をしないだけでなく、

 

客に損害を与えて

不法に金を取って逃げるのですから。

 

客以下の扱いです。

 

 

まさに もの凄い差があるのです。

 

そう言う会社なんです。

 

その歴然とした証に

つい最近になって、

関西営業所の殆どの施工例から

インチキ防音性能の表示が全部削除されたり、

1つだけ残してるのは、

「防音性能ごまかす会社」という評判を気にして?

何十年ぶりに

最近、初めて?!まあまあ真面目に

やってみた施工でしょうか?!

でも、インチキ防音規格D'ダッシュ表示です。

性能誤魔化されてる可能性は高いと考えるのが普通です。

 

「木造に鉄筋コンクリート並みのドラム室

をつくれます!」

などと、誇大なあり得ない?!防音性能を

喧伝していた

「ドラムスタ」が

サイトごと、丸ごと消滅しました。

 

自慢の施工例であるはずの

公式サイトに宣伝してた物件でさえ、

殆ど全てウソの性能だったという事です。

 

推して知るべし、雑誌タイアップも無く

HPに掲載されることもなく

モデルルームでもショールームでもない、

 

一般の客(いわゆる客です。

サクラではない客のことです)

の防音室の施工が

どれだけデタラメなものかは

普通に考えていただければ

お解りいただけると思います。

 

まさに、その通り。

 

「冗談じゃないのか?」という様な

デタラメ施工を平気で繰り返して来たのです。

 

まるで、この国は何をやっても許される

無法地帯だ。とでも考えてるかの様に。

 

しかしこの会社は「悪い事をしている」と

意識しながらやっています。

しかし、そのことで罪悪感は感じていません。一切。

 

ここが重要なポイントです。

悪意がはっきりとあるという事実が大事なんです。

 

わたしも、依頼したものと全く仕様の違う

「なんちゃって防音室」を作られて逃げられ、

「おかしいじゃないですか」と連絡しても

無視され逃げ仰せられました。

見に来る事さえしませんでした。

それもそのはず、最初からそういう

簡易防音施工だけしてで逃げるつもりだったからです。

彼らにしたら、「予定通り」なんです。

 

何度も書いていますが、象徴的な例なので。

上記の被害者ブログのピアニストは

大事な高級家具(楽譜だな)をこの会社に壊されても

補修費用を払う事を拒否され続けました。

 

(それって普通に

「器物損壊罪」刑法261条。

に見えますよね?

お客さんが訴えていたら。)

 

半年間、お客さんが、諦めずに談判し続けて、

(その間、そうとうイヤな思いをしたでしょう。

容易に想像出来ます。この会社なら)

 

家具の修理費用負担を拒否し続けたであろう

悪徳な社長が辞任させられてから、社長が交代して

やっと修理費用が出されたらしいですが、

 

 壊しておいて半年後に「金払ったから問題無い」

なんて言う訳では当然無いでしょう。

(超ワンマンで自分勝手な社長に2度目の辞任をさせた

ボスは誰なんですか?)

 

客の家具を壊した上、半年間もの間、ストレスで

苛んだのですよね?

 

(交代した新しい社長はたった7ヶ月で辞任しました。

これは憶測ですが

「こんな悪質な会社に在籍してたら

自分の人生、キャリアが台無しになる」と

まともに判断出来る人だったのでは?

または、「客の家具の修理費用払うとは

けしからん!甘っちょろい!」と、

あの人にクビにされたのかも?

又はいまも在籍してるかもしれませんが。

※ 体験や、本人との会話の中のエピソードから

判断して書いています.単なる憶測ではありません※

 

 

この天と地のような 扱いの差。

タイアップしてる広告物件の客?(身内)と

その広告を見て釣った一般客への、扱いの差。

これがこの会社の本質です。

まあタイアップ物件は、

事実上、「客」への施工では無い訳ですが。

 

雑誌掲載物件、昔バンドをやってた少し知名度のある?

バックバンドのメンバーの個人スタジオ、

宣伝ブログで集客に貢献してくれる契約の

タイアップ物件、商業物件、豊洲モデルルームや

ショールームなどのズバリ広告物件‥

とにかく「宣伝に使える物件」

だけは、

技術的な限界はあってもそこそこ

ていねいに施工するようです。

(実態はわかりません。いつも通り杜撰であっても

タイアップですから、褒めちぎってる記事しか

表に出ませんから、宣伝記事のための物件ですから)

 

当然、

 派手な広告で集客したいから、

ブログで褒めちぎって欲しいから、

             です。

 

それ以外の一般客へは、

(つまり、この会社の殆どの客です)

一転して酷い扱いです。

 

 しかし、

そういう一般客は、

なかなかそう言う被害を表に出せません。

 

これを読んでるあなたが、70万円ほどの

断熱リフォームをやったとして

全然効果がなかった場合、

 即、ネット上で、その会社名を挙げて

糾弾出来ますか?

なかなか出来ませんよね?

 

逆に7000万円の欠陥住宅ならどうでしょう?

 

 

わたしもあるBBSに、何年も前に初めて

この会社に受けた処遇を、ほんの数行書いた時

 数ヶ月後に見てみたら、削除されて居ました。

そんな感じなんですよ。

 

結局、webというのは、極端に言えば

巨大な広告の受け皿、みたいなものです。

「販売促進」方向のブログ、書き込みが

優先されてしまうのです。

 

経済を中心に動いてる社会だからです。

 

「たった3ヶ月飲むだけで体重が20キロもダウン!」

なんていうサプリの広告がガンガン出てます。

 薬事法上問題ありです。

(そんな急激に身体に変化をもたらす物は

薬品と呼ばれます。食品として販売できません)

 

先日、回収されたバストアップサプリのように

なるまで販売を続けるのでしょうか。

 そういう綱渡りの様な、サプリや業者はたくさん存在し

ます。

 当然、webでの広告もたくさんあります。

 

当然、そこには需要が生じて

薬事法に抵触しない様な広告の打ち方」を

アドバイスするコンサルタント業も出来ています。

 行政指導や、措置命令を回避しながら

多くの集客をして収益を上げる

広告のアドバイス業です。

薬事法に違反しない、という考えですから

普通に考えて、薬品以外、サプリや化粧品である可能性が

高いのでは?

 普通、そういうものに驚く様な効果は無い物ですね。

しかし、売りたい。 広告が大事。と言う事です。

 

 

あなたが不心得者だと仮定して、

(または、効果などあまり無いと自覚している

サプリメントや、化粧品、美容器具、健康器具を

販売する業者だと仮定して)

あなたの会社が、メディアで糾弾されない様に

するには?

簡単です。メディアに金を払い

広告主、スポンサーになれば、メディアでの扱いは

突如一転するのです。褒めまくりです。

被害者を悪者にし、加害者をかばうような

方向にもっていくこともよくある事です。

このような悪質業者の手口としては。

悪質商法にお詳しい方に相談した際に

伺ったご意見です)

全てのメディアがそうだという訳ではありません。

お金に簡単に靡くメディアも多い、という意味です。

もちろん、公益性をしっかり考えてくれるメディアも

数少ないですが存在します。しっかり

みなさん確かめてみてください。

 

だからこそ「公益性」というスタンスに

しっかり取り組む様な試みが必要になるのです。

 

しかしここまで インチキが露呈してたら

話は変わって来ますね。

 

 ::::::::::

さて、こんなデタラメ会社でなく

まともで優秀な、実績のある防音会社の客が書いた

絶賛ブログって見た事がありますか?

優秀な防音会社を20社くらい思い出して

みてください。

 

あまりないでしょう?

 

この会社くらいですね。

 

(たまにあったとしても、

「防音室の施工は〜〜に頼みました。

さすがという感じのお仕事です。

お世話になりました」程度が

常識的ですよね?)

 

一方、

こういう、まがい商法の会社は

 

商品の質で客を呼べないので、

広告を打ちまくるしかないのです。

自演ブログでステマしまくるしかないんです。

ココ山岡」のダイヤモンドみたいに。

 

そしてその莫大な広告費を回収するために

 

その広告をみて「釣れた」一般客へ

低コストの素材、

低コストの図面(未経験のものが書いた図面)

 経験の無い、安価で使える下請け業者などの

徹底的な「安いやっつけ仕事」をして逃げます。

ココ山岡」の安物ダイヤモンドと同じです。

ココ山岡のダイヤモンドは、質が悪いですが

安い値段でなら売る事が出来る様なので

まだ「マシ」ですね)

 

 

もう、愚の骨頂としかいい様がない悪循環です。

というか、元々そういう商売しかできないから

「まがい業者」なのです。

道徳的な商習慣がわからないのです。そして、

不道徳であるというだけでなく「違法」です。

 

この会社が違法だと言うのは、

 客が依頼した性能に全く満たない性能の商品を

釣り合わない値段をとって、不法に利益を得て

逃げるからです。

 

不法に金を取る行為は

   当然、違法行為です。

 

金塊を1キロ買ったはずのあなたの金塊が、

計ってみたら500グラムしかなかった。

それと同じく、

その差額分、不法に金を奪っているのです。

 

この会社の売り物は、「防音性能」です。

坪単価でいくらという大まかな目安もあります。

 

それを誤摩化すのですから。

 

広告の違法性なんて、

この会社のやってる悪い事の

ほんの入り口にしか過ぎないんです。

(まだまだ違法広告はたくさん残ってるままです)

 

東京都生活文化局 

消費生活部 取引指導課 表示指導担当

の方々の、迅速な指導を御願いします。

 

 

その広告で騙された客から、いかに

不法に金を取ったか?

 

ここをしっかり、過去何十年に遡って

追跡調査してください

東京都都市整備局

市街地建築部 建設業課

建設業指導担当 さま

 

でも、大変面倒くさいでしょうね。

なかなかやってくれないでしょう?

だから「お役所仕事」と

言われるのでしょうか。僭越ながら。

最近の情報から判断すると、

東京都は、違法な建設業者が多過ぎて

都庁のマンパワーが不足してる様です。

言い訳にはなりませんが。

 

(弁護士さんのご意見も交えて書いています。

別に弁護士さんは行政への悪口は言いませんでした。

ただ、

「もう呆れるくらい、しつこく、しつこく

訴えないと無理」とおっしゃってました。

そんなこと、出来ませんよね。)

 

 

 契約の際にも、「インチキ防音規格」である

自社独自防音規格? =D'ダッシュについて

正しい情報を説明せず

 契約書にサインさせてしまいます。

 

これは歴然とした違法行為です。

 

何度も書きますが

トップページに固定されてる宣伝ブログは

 

一番大きなウソ=有害情報

    が含まれているからこそ

 

 

消費者にとっては有害でも

 

この会社にとって有利であるから

 

 

トップページに固定されているのです。

 

違法な行為で防音性能をサバ読みし続けて来たこの会社を

 

事実と正反対の会社の様に偽る情報

 

「この会社は

値段が安い上に遮音性能があ

るという完全なデタラメ情報」が

含まれているからこそ、

 

この会社は、必死で(おそらく多額の資金を使って)

検索エンジンでトップページに上げ続けているのです。

 

(ブログのピアノ教授法のコンテンツや

ブログ主らしき個人への中傷ではないことを

お断りしておきます。

あくまでも、そういう音楽家のブログコンテンツに

便乗して、違法な宣伝をしている

業者の、違法で悪辣な広告への批判です。

 

あのブログを、

検索エンジン会社のアルゴリズムが判断して

1ページ目に上げているなどという事は

とうてい考えにくい事です。

(でも、実際のところはよくわかりません。

アルゴリズムは「違法判断解析エンジン」ではないのですから

違法業者のサイトも当然表示されます。

(そういうサイトも

そのまま表示しないといけないんですよね。

違法な情報なサイトを監督、指導する役所がみて

情報得る時、そういうサイトが検索で見つからないと

指導も出来ませんからね)

たくさんの違法業者が自社のHPを持ってるはずです。

「正邪の判断をする訳ではなく」機械的に、

何も価値判断を加えず、

検索キーワードの関連情報が多いサイトが

表示されるのが基本の様です?!

 

ですから、google社の検索エンジンの代表者の方が

「検索順位にこだわるべきではない」と

インタビューで答えていますね。

Topページに表示される情報が、必ずしも

正しい情報だとは限らないという事でしょうか?

正しいか否かではなく、

 その「キーワードに関して知りたい」という

ユーザーの利便性に最大限答えてくれる様に

なってるのだと思います。

 

1億ほどもある?!サイトの違法性、公益性を

瞬時に判断など出来るはずも無いのですね。

それは検索エンジンのお仕事ではないのでしょうし。

もちろん、

検索エンジンの影響力は大きいですし、

巨大メディアには責任感も倫理観も不可欠です。

検索結果に責任を負うという判例も出てる様

です。(大変ですよね)

しかしよく考え抜かれた

その時点で最高の結果を導く、アルゴリズムに基づいて

判断してるのです。

 しかもアルゴリズムは常時、改善されて行っている

のですから。

たゆまぬ企業努力をなさっている訳です。

公益性は更に重要視される方向に行くと思います。

よく見ると、検索ユーザーのために

大変な細やかな配慮をなさってくださってるのを

皆さんも見つけられると思います。

SE様に、期待したいと思います。

これ以上、違法業者の被害者が増えない

ような検索結果を提供してくださる事を。

 

 しかし、そう言う理由なので(まだ改善の余地あり)

上がってる情報の中の

信憑性や、情報提供者の意図を見極めるのは、

まだまだ消費者の努力が不可欠です。 

消費者自身が、

しっかりした見識で見分けるしか無いんです。 

 

トップページに 

違法な虚偽の広告を含んだ

「ブログ」がある事を

何度でも指摘しておきます。

違法業者が、一般人を利用して

違法広告を打っています。 

 

行政の指導を免れるために

自社のHPに、書けない大きな虚偽広告を

一見第三者に見えるブログに仕込み

常時検索でTopページに表示し続ける。

 

この脱法宣伝法のトリックは絶対に

最大の問題点になります。

  

 :::::::::::::::::

ほかにも、一目でこの会社の関係者だとわかる

ブログはいわゆる「ショールーム

「モデルルーム」として集客、営業の拠点として

施工された物件を紹介する

事実上、身内のブログですから

わかりやすいです。

 

あと、??なのは

 某(男性)の個人ブログ?

 

 この会社の社名が一回でてくるだけのブログです。

そのうえ、この会社で施工しようとしたが

決定した」段階でストップしてしまった様子です。

 

 そのあと、ブログは続々更新されてるのに、

この会社で施工したという記事は一切ありません。

 

このブログは、珍しくタイアップじゃないですね。 

ただ、

そういうブログが、会社名検索で上位に上がって来るのは

不自然です。

 

この会社に殆ど関係がないブログだからです。

 

アルゴリズムは優秀なので、そんな判断をしません。

と、かいかぶってしまってた(失礼ご容赦)ようですが

実のところ、大勢の方々同様わたしもよくわかりません。

 

アルゴリズム景品表示法の改訂版の情報が反映されてる

かと言えば

 されてないと思います。そんな、その国の全ての

法律の要素を盛り込んだ「違法かどうかの判断システム」

では当然ないのですから。

 

だからこそ、後々、回収されてしまう、違法なサプリや

化粧品、業者などの広告も一時的には掲載されてしまう。

 

これは雑誌、新聞などや、電波のメディアも同じ事です

ね。

メディアに、捜査権は無いですし。

 

 

だからこそ違法業者はガンガン広告を打つ。

あとは、「ちょうちんブログ」でステマ

 

違法業者、違法な商品は多くの人々の目をかいくぐって

巧妙な宣伝を打つ。この会社の様に。

 

つい最近も、女性用のサプリが違法広告で販売中止になり

ましたが3年間売り続けた様です。

 

女性のコンプレックスに付け込んだサプリなので

かなり売れたのでは?

返金はなされ無いんじゃ無いでしょうか?

 

ですから、消費者が、違法性、インチキな会社を

見抜く目を鍛えて行くしか無いんです。

 

インチキ業者ほど広告を打ちまくる、ということは

何度も指摘しましたね。往々にしてそうです。

 

::::::::::::::

 

闇雲に、この会社の名前だけ記載してる

内容の無いブログが上位に表示される訳では

決してないのですから。

 

2ページ目には並びますね(^^;)

 

不自然に、上位に表示される宣伝ブログは

 そういうSEO対策業者

検索エンジンで、上位に表示させる対策を

有料で行ってくれる専門業者)を使って

無理矢理上位に上げさせてると考えるのが自然です。

 

逆に言えば、そういう小規模なSEO対策業者の技術でも

違法な内容が含まれたサイトが

上がって来るという事かも。

巧妙に「仕掛け」が施されてるサイトなら。

 

最新のアルゴリズムを常時分析しながら

最適化をし続ければ。

そう言うのをお仕事にしてる会社はたくさんあります。

 

::::::::::::

 

あと、関係者がやってると判断出来るブログは

この会社へのネットでの批判に対して、

逐一その個人ブログ内で、ムキになって

この会社に成り代わって弁明したりすることで

容易に判断出来ます。

 

 

この会社の普通のが、

そんな努力を常々してまで

会社のイメージを無理矢理上げ続けるなど

するはずもないので、不自然過ぎてすぐにわかるのです。

 

ここでは敢えて指摘しませんが、やはりピアノに関する

ブログという体裁を「表向きは」とっています。

しかし、ピアニストの方のブログではないと思います。

 

 

 

防音室も、縦横に何メートルもの大きな窓があり

防音性能は一切問われない様な

ただ「ピアノを弾くための部屋」という感じです。

最近こういう 防音技術の必要ない部屋の

内装が多いです。

:::::::::::::::::::

 

 

                              to be continued